お薦めめの宿

【謹んで初春のお慶びを申し上げます】

柊家旅館

皆様、ご挨拶が遅くなり失礼致しました。
なんとか松の内にご挨拶が出来ました事・・・
勝手ながらホッとしております。

こんな私ではございますが本年度も宜しくお願い致します。

 

 

写真は言わずとしれた

「柊家旅館」

です。

あの川端康成氏も常宿にしていた事でも有名ですよね。

写真をご覧になって頂いてもお判りになるように、
結構、普通なんです。
なんと申しましょうか・・・
格式はあるのですが、大仰ではない・・・
と申したら宜しいのでしょうか・・・

目立たず、変わらず、凛とした姿をそのまま保つ・・・
そんな居住まいを感じます。

ホテルの快適さもございますが、
たまには、こんな日本旅館でゆっくりと過ごすのもまたオツなものですよね。
やはり日本ならではの良さがそこにはございます。
(私が申し上げるのも僭越ですが・・・)

場所も京都の町の真ん中にございますので、
フッと旅館を出て、京都町並みをそぞろ歩く事が出来ます。

これからの1月、2月。
更に寒さが厳しくなりますが、
そんな凛とした、背筋を伸ばしたくなるような寒さの中の京都旅行もまた素敵です。

機会がございましたら是非。

 

柊家旅館

〒604-8094
京都市中京区麩屋町姉小路上ル中白山町

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

東山 尚仙

京都生まれの京都育ち。 現在は東京在住。 主に京都の町屋を撮っている写真家でもあり、 占術師でもあります。 日々の徒然、「易」に関する四方山話を綴って参ります。

-お薦めめの宿
-, , , , , , , , , , ,

© 2020 「易」四方山話 万物の根本原理を陽と陰で紐解く壮大な世界