二十四節気 七十二候

二十四節気 小満 七十二候 麦秋至

 

二十四節気 小満(5/20~6/4)

小満とは、あらゆる生命が満ち満ちていく時期のこと。
太陽の光を浴び、万物がすくすく成長していく季節です。

七十二候 麦秋至(5/31~6/4頃)

麦が熟し、たっぷりと金色の穂をつける頃。
百穀が成熟する、麦にとっての「秋」です。
この時期に穂を揺らしながら吹き渡る風を麦嵐、
また降る雨を麦雨と呼びます。

 

本日より6月

梅雨ですね・・・。

写真は慈照寺銀閣のお庭です。
雨は個人的には嫌いですが、
こうした、しっとりとした雨もいいものです。

皆様にとって、
本日も素敵な一日になりますように。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

東山 尚仙

京都生まれの京都育ち。 現在は東京在住。 主に京都の町屋を撮っている写真家でもあり、 占術師でもあります。 日々の徒然、「易」に関する四方山話を綴って参ります。

-二十四節気 七十二候
-, , , , , ,

© 2020 「易」四方山話 万物の根本原理を陽と陰で紐解く壮大な世界