京の町並

【清明】<玄鳥至>七十二候4/4~8頃

【清明】二十四節気 4/4~19頃

<玄鳥至>七十二候4/4~8頃
《つばめきたる》

冬の間、暖かい東南アジアの島々で
過ごしたツバメが海を渡って
日本に帰ってくる頃。
つばめの飛来は、
本格的な春と農耕シーズンを表しています。
 
そんなわけで、そろそろ軒下に
つばめの巣があらわれる時期でしょうか・・・。
この二日ほどはお天気はいいですが、
週末はまた怪しげな空模様のようです。
 
日本の春は雨がつきものですよね。
雨が降る度に、
草木が喜び、地面が湿ります。
次の二十四節気「穀雨」ともいうように、
この雨は順当に苗を育て、
燕たちにほどよく湿った泥を提供してもいるんですね。
 
そう思うと、春の雨も少しは楽しめるかと思います。
本日も皆様にとって、
素敵な一日になりますように。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

東山 尚仙

京都生まれの京都育ち。 現在は東京在住。 主に京都の町屋を撮っている写真家でもあり、 占術師でもあります。 日々の徒然、「易」に関する四方山話を綴って参ります。

-京の町並

© 2020 「易」四方山話 万物の根本原理を陽と陰で紐解く壮大な世界