小寒 雉始雊(1/15~19)


みなさま、
いつもご覧になって頂き有難うございます。
京都生まれ京都育ちの管理人:風来坊です。

今日も、皆様にとって素敵な情報となれば嬉しいです。

二十四節気 小寒 (1/5~19)

雉始雊(1/15~19)

雉が鳴き始める頃。
雄が雌への求愛のしるしとして

「ケーンケーン」

と甲高い声で鳴きます。
足の裏で震動を敏感に察知することができ、数秒早く地震を知らせることができます。

images

小寒が過ぎるといよいよ大寒。
寒い、寒いといいながら、着実に春に向けて時は過ぎて行っているようです。

松の内

関西と関東ではどうやら「松の内」の定義が違うようです。

私は、京都出身の人間の為、松の内というと、小正月の1月15日までと意識していたのですが、関東では、おお正月の1月7日までが松の内というようです。

確かに・・・なんとなく、東京に嫁いでからは、松の内・・・というと周りが1月7日をベースに動いていたように思います。

とはいえ・・・今日は15日。
これで、お正月気分はそろそろ卒業しなければなりませんね。

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%86%ac201312p1090475-20131229

(京都:伊右衛門サロンのお正月飾り)

本日もご清覧頂き有難うございました。

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする