小寒 芹乃栄(1/5~19)


みなさま、
いつもご覧になって頂き有難うございます。
京都生まれ京都育ちの管理人:風来坊です。

今日も、皆様にとって素敵な情報となれば嬉しいです。

二十四節気 小寒(1/5~19)

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%86%ac201312p1090677-20131230

小寒(しょうかん)とは・・・

「寒さの入り」

といわれ、これから更に寒さが厳しくなる頃です。
小寒から節分までの30日間の事を

「寒の内」

といいます。
寒さが明けると立春となります。

初候 芹乃栄(1/5~9)

芹乃栄(せりすなわちさかう)

芹が生え始める頃。
芹は春の七草のひとつで、冷たい水辺で育ちます。
一箇所から競り合って生えていることから、
芹(セリ)という名前になりました。

images

鴨川も何となく、寒々しい雰囲気ですよね。
まだまだ、これからが寒さの本番です。
皆様、くれぐれもお体ご自愛下さいませ。

本日もご清覧頂き有難うございました。

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする